ビンテージジャンク/アンティークカート

2007.03.05 Monday

  

もう春近し。今年はすべてが早い。
お店のオープンが多い時期。
このカートはまさに什器として役に立つと思います。
ショウーウインドウの展示台や、サロンのソファーテーブルなど。
何年代のものかは不明ですが、アメリカ製。
おそらく、列車のカバンを運ぶためのものか
どこかの工場でハードに使われたものと思います。
重量があり、緑色した鉄製の車輪と台の木の味が
見事にマッチしています。

サイズ W1525 D690 H380

ビンテージジャンク/バードフィーダー

2007.02.16 Friday

  

フリーマーケットで見かけたとき、何かな?と思ったものです。
鳥の餌入れと聞いて感心しました。別々に買ったのですが
色々な形があるものです。天気も春に近づいてきましたし、
ガーデンニングとしてプランター代わりに使われるのを
オススメします。お庭やお店にモニュメント代わりに置くだけでも
おもしろいですよ!

ビンテージ家具/スチールテーブル

2007.02.07 Wednesday

  

アメリカはカリフォルニアのオフィス家具メーカー
マクダウェル&クレイグ社製です。
創業1946年。いかにもオフィスユーズな色ですが
今ではこの感じのグレーがインテリアとして良いと思います。
ダイニングとしてアンティークなウッドなチェアを合わせたり
シャビーなモノと組み合わせたりと、応用が利きますよ!
お花屋さんの什器が一番似合いそうですが。

サイズ W1530 D765 H740


ビンテージ雑貨/ビンテージシェーバー

2007.02.05 Monday

  

1897年にシカゴで設立されたアメリカの家電メーカー
サンビーム社。
実際に使おうとは思いませんが、ケースから何もかも
絵になるんですよ。
シェーバーの素材感や重み、バランスが良いんですね。
オブジェにぴったりです。本当は何個か色々なシェーバーを
数種類並べると、もっときれいでしょうね。

ビンテージ家具/インダストリアル ロングベンチ

2007.01.26 Friday

  

アルミキャストの脚が味わい深く、鳥の脚の様に優雅。
おそらく公園や公共の場で使われていたもの。
木の部分は映像では分かりにくいとは思いますが
茶にグリーンが施されています。
一切の余計なデザインがなく、ただ座りやすいように
背と座がカーブしています。
勿論座り心地も良いのですが、そこにあるだけで
シーンを作る事が出来るので、ディスプレイや什器にオススメです。

サイズ W1825 D700 H740(SH405)

ビンテージ雑貨/ビンテージアルミ鍋

2007.01.18 Thursday



寒いのでお酒も熱燗がおいしい時期です。
二重構造の湯せん鍋でダブルボイラーと
呼ばれています。
アメリカ製 メーカーはWear-Ever。
ソースを作ったりするのに便利そうです。
いつ作られたのか不明ですが、大きさや形から
日本では見たこともないです。どう使うのか
楽しみです。


ビンテージ雑貨/ビンテージブレッドボード

2007.01.10 Wednesday

  

今年の干支はイノシシ。世界で考えるとブタと
考える所が多いらしい。そういえば、中国 韓国では
ブタと聞いたことがある。としおとこの自分としては
さびしい限りです。
ブタのブレッドボード。
木はおそらくメイプル材。
裏から見てもブタと分かります。
この古びた味のある絵、ブタってかわいいな
と思うと別にイノシシだろうが気にならなく
なりました。





ビンテージ雑貨/ビンテージ切手ベンディングマシン

2006.12.30 Saturday

 

年賀状をかいて郵便局。
最近は切手を貼ることも少なくなってきました。
切手収集も日本のものだけではなく、海外の面白い
デザインの物を買い求める人が増えました。
年末、郵便局、切手つながりでアメリカの
切手自動販売機を紹介します。
10セントと25セント、2種類。しかし
買い口は3つあります。
お金を入れレバーを下に引くと一番下の口から出てきます。
勿論カギ付き。2こあります。
色の配色がきれいですので、オブジェや
小さいコレクションBOXとして。

ビンテージ雑貨/ティンサイン

2006.12.29 Friday

  

本当に寒い。あと少しでお正月。
今回はホントに絵になる各国のサインです。
フランス、ベルギーなどなど。
思い切って床の間に飾っても面白い。
ホウロウで出来ているので重いです。
年代は古いもので1920年代のものもあります。
書いてある内容は分からないですが
当時のデザイン、色彩、大きさなど
全てにアートを感じます。

ビンテージ雑貨/50年代生地見本

2006.12.19 Tuesday

  

服のカタログ見本か雑誌の広告か
お店での受注用の飾りか分かりませんが
時代はミッドセンチュリーの物と思われます。
当時の布も見本に張ってあり、絵が色といい、
服の形といい、キレイです。
資料やディスプレーとしてお使い下さい。
会社は Fashion Frocks Inc.