ビンテージ家具/ビンテージ ベニワレン ラグ

2016.12.19 Monday

 

朝、ダウンタウンに向かう道。このあたりはよく渋滞するんです。

 

   

 

今回も2種類のビンテージのBeni Ouarain(ベニワレン)のラグを買い付けました。

モロッコ製。すべて手織りの羊毛。毛足が長いのが特徴です!

 

サイズは2200×1400と1900×1500。

ディラーが言うには50−60年代頃のモノと言いますが、はっきり分かりません。

ダイヤ模様が多いのですが、1つ1つ手作りなので同じモノは存在しません。

 

日中に地面に敷いて寝転がると思わず寝てしまいたくなる気持ちのいいラグ。

やはりこの寒くなってきた時期、1つは家に持って帰ろうかと(笑)。

 

 

久しぶりにイタリアンのお店に。

 

  

 

手絞りのオレンジジュース。やはり絞りたてはおいしい!サラダのスモールサイズ。どう見ても普通の大きさ(笑)。

 

エビとペンネのクリームパスタ。相変わらずすべてに量が多い(笑)。食べ過ぎてしまいました(笑)。

 

 

 

ビンテージ雑貨/ビンテージ ティーポット

2016.12.16 Friday

 

スロープを歩き。大きな木を通り抜けて、

 

 

お家のドア前に。入る瞬間がドキドキです!

 

 

 

今まで見たことがないメーカーのティーポット。Fraunfelter ChinaというOhioの陶器メーカー。

1915-1939と短い期間しか作ってなかったようです。

 

独特の釉薬に優雅なフォルム。状態もよし!何故かクリーマーだけ付いてくるという(笑)。

 

 

 

ロイヤルコペンハーゲンのプレート。1965年製。ブルーのイカリのようなマークに縁取りが特徴的。

1枚と言わず大量に出てきて欲しいなぁ。

 

この家は50−60年代の雑貨小物がいっぱい出てきて、目移りしました。

 

 

ジャックインザボックスの創業者とマスコットが合体したモノ。

アンティークモールで見つけて欲しかったが、高かったので写真のみ。

不思議と次に行くと売れて無くなっているんですよね〜(笑)。後悔しても仕方が無いですが。

 

ビンテージ雑貨/ビンテージ シルバープレート ケーキスタンド

2016.12.09 Friday

 

夕方のダウンタウン。最近日が暮れるのが早くなってきましたね〜。

 

 

 

2種類のペデスタル型のケーキスタンド買いました。

こんな時期にピッタリでしょう!

 

1つはSheridan(シェリダン)社製。もう1つはF.B.Rogers社製。

アメリカ製です。イギリスっぽく見えますが。

どちらも40年代ごろのモノと思います。素材はシルバープレート。

 

どちらも葉や花を彫りこんだデザイン。ブーケなどのお花のスタンドに良いです!

 

 

 

こんなタイプの買い付けました。ブドウ柄のキャンディプレート。

これはKeystone社製。コケなど使ってクリスマスの飾り付けに。

もう遅いですかね(笑)。アクセサリースタンドにも良いですよ!

 

 

宿泊先に行くまでにあるホールフーズにて。

 

 

 

Rareformという使い捨てのバナー(看板)を使って作ったバッグ。

買ってないですけど子供たちや外で使ったりするのに良さそう。

 

ここでは明日の朝食を買います。レモンとクランベリーのキヌアサラダ。

 

 

 

ビンテージ家具/ビンテージ インダストリアル フロアーランプ

2016.12.06 Tuesday

 

ローズボウルの入り口の芝生内で使っていた移動式外灯!大きいなぁー明るいなぁ〜。

 

  

 

初めて見たメーカー、Puel E. Johnson。フロアーランプ。病院内で使われていたようです。

何よりこれが欲しいと思ったのは、ネックの動きの良さです!高さの調節もスムーズに出来ます!

 

1922年にパテントを取って作っていたので30−40年代頃のモノでしょうか!?

 

 

中華料理屋さん。いい感じでボケました(笑)。あやしく撮れています!

 

  

 

いつも配送をお願いしているKさんと食事。この10年、お世話になっているのに初の食事。

それだけ走り回っているのか!?もう少し人と話したほうがいいのかも。反省です。

しかもご馳走になりました!本当にありがとうございました!

 

どうしても食べたかったのは中華の海鮮スープ。あとはとても食べきれず。

昔、よく食べに連れて行ってくれた人がよく言っていたことを思い出しました。

中華は一人一皿の計算で頼めと。納得です!

 

 

ビンテージ雑貨/ビンテージ Dansk キャンドルホルダー

2016.12.03 Saturday

 

ナバホをイメージした小麦粉入れる袋。かわいいなぁーとトイレの飾ってあったものを写真撮ってきました(笑)。

 

先日、友達の作家さんから絵をプレゼントされてつい、これをイメージしてしまった。全然違うのですが。

絵を見るときのうれしさを心の振れ具合で感じたと言うことでしょうか!?なんにしてもうれしい出来事でした!

 

 

 

両方ともDanskのキャンドルホルダー。60−70年代製。

ロートアイアン。鉄の彫刻作品のようで。右のツリー型のモノはまったく分からずに買い付け、

同業者のKさんに指摘されて気づいたモノ。教わるまではメキシコの作品だと思っていました(笑)。

 

両方ともにデンマーク製。デザイナーはいつもどおりJens H.Quistgaard(イェンス H.クィストゴー)。

ダンスクの作品を買っていていつも思うことが。一人のデザイナーでこれだけの作品を作り出せるのかと不思議に思います。

 

 

 

ホテルでの朝食。めったに食べる機会もありませんが。

ワッフルを自分で焼いて、クリームチーズとハチミツにバター。

こんなちょっとしたパッケージの違いを見てうれしくなります!