ビンテージテーブルランプ/ビンテージグリーンポテリーライト

2007.06.30 Saturday

 

アメリカ製の50年〜60年代のテーブルランプ。
ボディの陶器が、なかなかいい色です。釉薬に緑青でも使ったのか
良い景色です。こんなにも大きいのにキズなしです。
シェードもおそらくオリジナルだと思います。
多少汚れがあります。
ランプの明るさが3段階に変化します。
ベッドサイドに最適かも。ナイトテーブルに載せて。
高さも約1メートルあり、存在感たっぷりですので
ウインドウのディスプレーや、少し暗いコーナーの床に置くのは
どうでしょう?

ビンテージ風雑貨/サイエンティスト ツール

2007.06.29 Friday

   

今回初めてアンティークでもビンテージでも無いものを
仕入れてしまいました。
イタリア人のおじさんが売っていました。
メディカルやインダストリアルなモノは大好きです。
ピンセットやハサミ、虫メガネをずらり並べていました。
心の中でヒットしました。でも、よくよく見ると新しいものです。
ピンセットなどは、インドで作られていました。
でも日本で見るモノと違い、味がある。これは面白いかも。
アクセサリーの什器やポップを持たせたり、目を引くには
いいかも。一つ一つパーツが動き、面白い。5種類あります。
実験的に購入しましたが、再び手に入れられるかはもう一度
行って確認しないと分かりません。
小物類の飾りに切手など組み合わせてはどうでしょう?


ビンテージ家具/ビンテージソファ

2007.06.27 Wednesday

  

50年代、60年代アメリカ製のソファ。
アメリカのソファと言うと大きいイメージですが、コンパクト。
一般家庭に収まります。ミッドセンチュリーらしく
脚は丸足の木と金具でデザインされています。
オレンジのいい感じによれたビニールレザーでしたが
残念ながらアームの所から大きく縫製が取れ、座面の裏地が
あまりにも汚れが目立ったため、全て張り替えました。
近所に昔ながらのイス張り替え屋さんがあり、好意で
擦り減ったウレタンを追加してもらい、
ボロボロの力布もキレイに張ってもらいました。

オリジナルにこだわっていましたが、やはりソファともなると
実用でガツガツ使えることと、何十年と使われたソファの中身が
弱っていること、ゴミが内部に溜まっている可能性が強いため。
この当時のモノにはあるデザインの普遍的なオーラがあるので
問題ないと思い、試みました。
しっかりとした木のフレームで、これから現役復帰です。

サイズ W765 D850 H730(SH430)

ビンテージフロアランプ/ビンテージゴールドフラワーランプ

2007.06.26 Tuesday

  

ゴールド色でフラワー型、文字だけで見るとスゴイ組み合わせと
遠慮しがちですが、これはすごく趣味のイイ、取り合わせです。
60年代アメリカ製だと思われます。
最初はブリキで出来ていると思っていましたが、なんと鉄を
使っていました。しかもこんなにも薄くして。どうりで重いはず。
5つの花と葉を見事に表現しています。
色合いがまたいいんですよ。シャビーな感じで、陰影があります。
高さが160cmあり、ポルト離宮のような和の内装に洋の
テーブルセットに組み合わせたりと、和洋折衷のレストランの
間接照明として、映えると思います。

フリーマーケットでキッチン関係を扱っている女性から
買いました。これはと思い、即、決めようとしましたが
真ん中のスイッチの溶接部分が折れていました。真っ二つです。
が、これと同じものに出会う確率を考えれば、買わなくては。
色んな人に迷惑をかけることなど、この時は考えずに。
モノもモノです。日本に持って帰っても更に壊れてるだろなと
思っていたら、アメリカのインポーターさんがまた見事に梱包して
送って頂き、溶接屋さんに、薄いので本当に難しい部分を手際よく
直して頂き、照明の修理屋さんでスイッチ部分と何本か切れていた
配線をしてもらい、やっとお目見えです。紹介して頂いた人など
入れると本当に沢山の方にお世話になりました。

連絡です。/オールドビンテージテレフォン

2007.06.22 Friday



明日、5月23日土曜日は会社をクローズしています。
もし来られる予定でしたら、申し訳ございません。
また後日よろしくお願いします。電話は通じますので
何かございましたらお手数ですが、お願いします。

便利ですよね。転送まで出来てしまいます。
この電話の頃は、交換手がいる時代ですものね。
1911年製のWestern Electric社のものです。
このNO.317は1907年に出来、写真のバージョンは
サードモデルです。オーク材で作られた壁掛け用。
あと4年も経てば、アンティークの仲間入りです。