ビンテージ家具/ビンテージ ガラスジャー

2017.08.09 Wednesday

 

 Dunkin' Dounutの前を通ります。ドーナツと書かれなくなるのはさびしいような。

 

  

 

 1940年代のタバコジャー。透明のクリアガラス。プレスで作られているのに泡がいっぱい入った気泡グラス!

裏にはFactory No.64 District of N.Cと書かれています。もう1つは番号が違ってNo.256。よく見ると微妙に違うんです。

 

 

 

 アンカーホッキング社製のナーセリージャー。子供用のコットンなど入れていたのでしょうか!?

40−50年代ごろのモノと思います。この2つもまったく同じと思っていたら持ち手のデザインが違う。

キャンディージャーに使うのもよさげ。小物のディスプレーにも使えそう。ソープなどどうですかね!?

 

 

 

 アウトドア用品のREIに。今回はけっこう痛んだ冬用のソックスを買いに。

スマートウールが破れにくい強さとあたたかさがあります。

あともう1つダーンタフというメーカーがあるのですが、ちょいと高めです。

コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL