ビンテージ家具/モダン

2010.02.19 Friday

 

土曜日モダンな邸宅でのセール。期待どおりとは行きませんでしたが
現代アーティストの作品が手に入りました。

 

Jonathan Adler(ジョナサン・アドラー)。
バーニーズニューヨークなどにも納めています。今は自身の
インテリアショップを展開しています。画像にはありませんが
あと2点あります。おもしろいですよ!



60〜70年代、Rabami(ラバミ)社のオフィスチェア。
デンマーク製。ホワイトカラー。

  

初めて入ったお店。いきなり目に入ったチェア。
とんでもない革使い方。初めて見ました。
ベルトの様に背のパーツに。きれいなフォルム。
特にアームにかけて見事!

てっきり北欧のものかと思いましたが、50年代アメリカ製。
Heritage Henredon。そうこのメーカーはかの建築家
フランク・ロイド・ライトのデザインした家具を製作した会社。

  

1917年創業のオランダの家具メーカーCASALA社製。
70年代スクールチェア。トリップトラップチェアのような
安定したレッグ。今ではプラスティックかメタルを使って
作っていることでしょう。計算された形は見ていてきれいです!

  

ブラックレザーのアームチェア。40〜50年代アメリカは
ニューヨークにあるGunlocke chair company製です。
名前のとおりチェア専門。1902年の創業しているので
100年以上の老舗です。60年代にはJ・F・ケネディも
この会社のチェアを使っていたそうです。有機的なフォルム。
がっしりしています。

 

モダン最後は、1949年にJens Risomにデザインされた
C−120。アームチェア。彼はデンマークのデザイナー。
1939年にアメリカに渡り、多くの家具を生み出しました。



ウォールナットのアームの使い方。良いです!
またこのチェアは信じられないくらい重かった(笑)。
ファブリックはオリジナルではなく、80年代に
張り替えられていました。デザインに合っているし、
状態もキレイ。

買い付けたこの場所はピックアップしやすいところで
ここのディーラーのお兄さんに助けられました。そう事件が!

 

60年代、メトロポリタンミュージアムのネコのポスター。
風で倒れてガラスが割れてしまいました。

その音でポリスは駆けつけるは私はショックで動けないは(笑)。
ここのディーラーがガラスを隅から隅まできれいに
取り除いてくれました。ありがとうございました!!!
その間私はぼーとしていました(笑)。
コメント
コメントする
トラックバック
この記事のトラックバックURL